• ホーム
  • クラブについて
朝デポキッズからのお知らせ
 
朝デポキッズからのお知らせ
 

ランニング・デポのデポとは駅やバスの発着所といった意味があります。多くのランナーが集う発着点として、お互いが走ることの価値を高める場所として活動するランニングクラブ、それがランニング・デポです。


また、走ることは文化です。
ランニング・デポには実業団や大学、箱根駅伝などで活躍したコーチが在籍します。これまでに培った経験や知識を通して発信されるアドバイスやサポートはランニング・デポにとっての大きな価値であり、財産であり、対価だと考えます。自分たちが信じることを伝えていくことで、多くの人が喜び、自信を持てるようになり、新たな意義を付与し、走ることへの文化価値を高めていくことを目指しています。

昨日の自分をわずかにでも乗り越えていきたい、限られた時間の中で少しでも自分を有効に燃焼させていきたいというみなさまと一緒に新たな価値を創造してくランニング・デポでありたいと考えます。

またスポーツをすることはバーチャル(仮想的)な空間ではなく、リアリティ(現実的)な空間で行うことが大事と考え、私たちは走る文化をスポーツとしての発展に寄与することを考えています。

 

 

 
ランニング・デポは次のことを目標として定め、実現に向けて活動していきます。

コミュニティを創ります

走ることを中心にクラブを運営し、活動していきます。クラブは、会員とスタッフが共有できる「脚を使う空間」を創造していきます。

ひとをつくります

 「脚を使う空間」には、それを運営するひと、ランニングをアドバイスするひとなど、多くの関わりが必要です。知識、実技、そして人間力を併せ持つひとをつくります。

社会貢献を模索します

ランニング・デポは、走ることのお手伝いをするだけではありません。走ることを通して、社会にどのような貢献ができるのか考えていきます。

 

 

 

■  クラブ会員のレベルは?

例

 

◆表はランニング・デポ会員が、フルマラソンをどのくらいのタイムで走られるのかを割り出したものです。

 

クラブ会員の走力は様々。同じ目的や目標を持った者同士が目指すところは一緒。一人ではできないこともみんなと共にに乗り越えていくことを目指します。基本的に週2回(木・日)の練習会は、さまざまなトレーニングをバランスよく行っていき、それぞれのご自身のレベルにあったクラスに参加することができますので、無理なく練習いただけると幸いです。

 

 

 
朝デポキッズからのお知らせ
 
代表挨拶

私がマラソンを初めて走ったのは2009年。初マラソンにして現役引退レースでもありました。ラスト1km、とても仲良くしていた他チームの選手が並走してくれて、「久保さん、ファイト!」と声をかけられたとき、感極まって涙が止まらなかったことを思い出します。

 

それから一度は走ることを完全に辞めた私ですが、再び自分の限界に挑戦してみたいという思いが出てきました。

これはランニング・デポというクラブに出会あったからです。一生懸命に走る会員ランナーたちと頑張りを共にしていると、今まで培ってきた経験や知識を還元したい、自分が感じてきたことを伝えたいといった思いが強くなったのです。

 

幾つになっても夢を追いかけることができる。ランニング・デポの会員や仲間たちが教えてくれたことです。おかげで今も走ることの喜びを感じながら、自分に挑戦できる環境があることがとっても幸せに思います。

 


心から湧き出してくるような感情をいつまでも。


心を揺さぶる感動を得るために。

 

 

私と同じように、多くのランナーにもランニング・デポを通して、走ることの素晴らしさや掛け替えのない価値を感じて頂けるよう、みなさんと一緒に熱く走りの活動に取り組んでいきたいと思います。

ランニング・デポ代表 久保健二

 

 

 

指導歴

■ランニング・デポコーチ

(2010年より)

  

■アミノバリューランニングクラブ in 神奈川2010〜2015コーチ

(2010年〜2015年) 


■アミノバリュートラッククラブ2016コーチ

(2016年より)

 

■横浜 スカイスパYOKOHAMA「JOGspa」コーチ

(2010年より)

 

■六本木 磊の温泉六本木VIVI「ランニングスパ」コーチ

(2010年より)

 

■池袋 Times SPA RESTA「ジョギング&スパ」コーチ

(2011年より)

 


主な実績
■高校:中京商業高校(現:中京高校)/ 岐阜県
・全国高校混成陸上競技大会 10000m 3位
・全国高校駅伝3回出場(高校3年時全国6位)

■大学:拓殖大学
・箱根駅伝4区出場

・箱根駅伝10区出場8位シード権獲得

 

■実業団:日産自動車(11年間所属)
・ニューイヤー駅伝7回出場
・東日本実業団駅伝区間賞
・十和田八幡平駅伝区間賞

■その他

・2013年 とくしまマラソン 一般の部優勝 / 2時間29分30秒 (総合6位)

・2015年 よこすかシーサイドマラソンハーフマラソン陸連登録男子の部3位 /1時間09分24秒

・2016年 いぶすき菜の花マラソンマスターズAの部優勝 / 2時間32分54秒 (総合3位)

・2016年 東京トライアルハーフマラソン40歳代の部1位 / 1時間08分59秒 (総合3位)

・2017年 神奈川マラソンハーフ40歳代の部1位 / 1時間08分20秒

・2016年度 第13回全日本フルマラソンランキング「男子41歳の部」第1位(2時間28分04秒)

 


ベスト記録
■5000m / 13分57秒

■10000m / 28分40秒

■ハーフマラソン / 1時間03分18秒

■フルマラソン / 2時間24分29秒